INSIDE MY GLASS DOORS
BAG
MENU

The crooked Tailor / ROUND COLLAR LONG TENT LINE COAT

洋服を販売する側にいると、欲しいと思っていても手に入れる事が出来ない場合が多い。勿論提案する事がお仕事なので当たり前なのだが、数年経っても頭の片隅に残っている洋服がいくつかある。その1つがこのコートである。展示会で見た時は触れる前にあの生地だとすぐわかり思わずニヤけてしまった。とても重く固いが羽織ると軽くて着心地が良い。数年着込んだコートをお客様に見せてもらったが、クッタリ柔らかくなり凄く雰囲気が出ていた。The crooked Tailorのコートは着ることによって育つ、長く着たいと思える洋服である。

詳しく見る

The crooked Tailor / NARROW COLLAR LONG CLASSIC OVER SHIRT

ヨーロッパの古いシャツは丈の長い物が多い。その空気感や雰囲気に憧れて気に入ったものを見つけては買って着ていた。ここ数年は現代的な長さのシャツばかり着ていたせいか、このシャツを見た時に心が躍るような感覚だった。

詳しく見る

Tochca in INSIDE MY GLASS DOORS

今回の新作の鞄は薄くても強いという特性を活かし、クルクル丸めて小さく出来るようになっている。小さくしてジャケットのポケットに突っ込んだり、鞄の中に入れてエコバッグの様にも使える。旅行へ行く時にはトランクに詰め込んで旅先でのメインバッグとして。使える場面が多いという事は経年変化を存分に楽しむ事ができる。このRitualというホースレザーは布のバッグの様にクッタリとしてくるそうだ。ショルダーにはフランス軍のベルトを使っていて、レザーとのコントラストがとても良い。使う事が楽しくなりそうな新作である。

詳しく見る

デニムデニムデニム

小森さんが作る生機(キバタ)のデニムは毛羽立ちのある昔ながらの雰囲気で、何も考えず身を委ねられる安心感がある。最後の写真のベルテッドデニムは私物で3年位季節問わず穿いている。久しぶりに比べてみたらとても良い青に変化していた。硬さも取れ、体にもよく馴染んでいる。COMOLIの洋服は数年着込まないと本当の良さがわからない。勿論、着はじめも気分が上がりとても楽しめる洋服だ。しかし馴染んでからはもっと好きになり無いと困るようになる。シンプルな洋服だからこそ、そういった部分が重要になってくる。COMOLIは噛めば噛むほど美味しくなるブランドなのである。まずはデニムからいかがでしょう?

詳しく見る

AFOUR / CODE MATT BLACK

AFOURのスニーカーはロシアのサンクトペテルブルクにて手作りされている。使っている素材には特殊なマット加工を施した経年変化を楽しめるオイルドヌバックレザー。ライニングにはベジタブルタンニン鞣しのレザーを使っていて、足への当たりも優しい。防水加工も施されているので、突然の雨でも安心だ。

詳しく見る

OLIVER CHURCH

思いがけない出会いとは実に面白いものである。今回お店に並ぶ事になったOLIVER CHURCHはパリを拠点に活動しているブランドだ。ニュージーランド出身のデザイナーはロンドンで5年ほど活動し、パリに拠点を移しブランドをスタートさせた。どんな洋服かというと生地はフランスの50-120年前の古いデッドストック生地を主に使う。使っているボタンもフランスの古いデッドストックだ。そしてデザイン、パターン、縫製、染色(一部を除き)を一人で全て手作業で行っている。染めは天然染料のみで染色し、水が無駄にならないよう染色のミニマムまで設けている。1つ1つをゆっくりと時間をかけ丁寧に、自分のペースで作る事が彼のモットーだ。要するに大量に作れないし、作らない。使われる事なく眠っていた素材に新たな価値を見出す。そんなプロセスを大切にするブランド、OLIVER CHURCH。是非ご覧頂きたいです。ご来店、お待ちしております。

詳しく見る

今週の1階は

今週の1階はMOODをテーマで今の気分の洋服を並べています。その日の天気や気温、仕事の日や休みの日。その時々の気分で今着たい洋服を選んでみるのはどうでしょうか。ぜひご覧下さい。

詳しく見る

足が小さくて合うサイズの靴が売っていない。逆に足が大きくて合う靴がそもそも少ない。または前回注文してみてとても履き心地が良かったから、あるいは前回タイミングが合わず来れなくて・・。など、様々な目的や理由でお越し頂いている。革靴はいつもと違う自分になれる気がして、まるで世界が広がったようなそんな特別な物だと思う。そんな気分の上がる靴を履いて、どこに出掛けようか?誰と会おうか?そんな事を想像しながら特別な一足を選んでみてはどうだろう。オーダー会は明日まで、ご来店お待ちしております。ご不明な点はCONTACTよりお問い合わせ下さい。

詳しく見る

CORDVAN BUTTの経年変化

革靴と言えば履いていく内に自分の足の形になってシワが入り、色の変化や艶が増していく。そんな経年変化も楽しみのひとつである。コードヴァンバットというレザーはコードヴァン層とその周りのスエードの部分が一緒になった革のコントラストが特徴のPETROSOLAUMオリジナル素材。とても時間と手間の掛かるピット槽でのフルベジタブルタンニン鞣しで作られたレザーだ。野菜で言うと有機栽培みたいな事だろうか。私物のHIDDEN DERBYは1年位履いている。色は違うが新品と比べるとまるで別物になっている。大きくシワが入って反り上り、足の形に広がっている。シワの入っている部分は色が薄くなり濃淡が生まれている。ここまで馴染むと、丸1日歩いたとしても疲れない。足と一体化しているからだ。手入れはブラッシング程度で基本的には何もしない。クリームは傷が目立ってきた時に入れる位でシューキーパーも入れる事はない。このコードヴァンはあまり気にせず履く方が格好良くなると思う。

詳しく見る

TYROLEAN SHOES

ベルギーはアントワープのデザイナー”JAN-JAN VAN ESSCHE”とのコラボレーションから生まれたチロリアンシューズ。オイルをたっぷり含んだホースレザーを表裏で使っている。ビブラムソールで地面が濡れていても安心。カップインソールはフカフカでまるで雲の上を歩いているような履き心地だ。

詳しく見る

SIDEGORE BOOTS

新作で特にオススメなのがサイドゴアブーツ。サイドにエラスティックを配し、カジュアル過ぎない趣と03の美しい木型とのバランスがとても良い。サンプルで使われている革はCORDVAN BUTT(コードヴァン層とその周りのスエード部が一緒になった革)で一見ブラックに見えるが革の断面を見ると茶色が見える。実は茶色の革を黒に染めた新色なのである。限りなく黒に近い茶色。光の当たり方によって印象が変わる。黒がお好きな方も茶がお好きな方も違和感無く履ける色ではないだろうか。サイドゴアは着脱が容易に出来る。単純に楽だし、履き脱ぎの多い日本ではある意味適した形と言える。そしてデザイン上面が広い為、履き込めばコードヴァン特有の良いシワが入る。経年変化も楽しみな革靴だ。

詳しく見る

明日からスタートします。

靴とは人にとって歩く為には必要な物であり、毎日と言って良い程履く物である。世の中には沢山の靴が作られているが、ちゃんと作られている靴は造形的な美しさもあり、”見る”という事すら楽しく思える。実際に足を入れた時にはそれ以上の高揚感を覚える事もある。そしていつもの洋服に靴を変えるだけで、印象がガラッと変わる。何だか自信が付いたようにさえ思う。靴というのはこんなにも小さいのに大きな影響を与えてくれるのだ。だから靴というのは自分自身の軸をしっかり固めてくれる存在なのだと思っている。PETROSOLAUMの靴は造形的にも美しく、とても歩き易い。きっと特別で定番になれる靴の出会う事が出来ると思う。

詳しく見る
CLOSE