INSIDE MY GLASS DOORS
BAG
MENU

今週の一階は。

夜はちょっと羽織る物がないと寒く感じ、昼間はちょっとだけ空が遠くなった気がする。風の音や虫の声がひと月前とは明らかに違い、季節の移り変わりを実感する。今年の冬は寒いのだろうか。どんな洋服を着て日々を楽しもうか。そんな事を少しずつ、現実的に考え出している。この所イベント続きだった事もあり、あまりご紹介出来ていなかった物が多く、お店には面白い物が沢山並んでいる。こちらでも出来るだけ早く掲載する予定ですので、気長にお待ち頂ければ幸いです。今週の一階はそんな感じで、並べています。ご来店、お待ちしております。

詳しく見る

MOTOR PICNIC

本日からスタートしたCLOUD LOBBYのポップアップですが、来年の春夏向けの新作を色とサイズを選びオーダー頂けます。着心地が良いウールリネンのジャケットとトラウザーズ、素肌に触れても全くチクチクせず柔らかく涼しくて、着るとびっくりの着心地のウールシャツやガウン、前回評判の良かったワックスコーティングの新型のテーラードジャケットやパンツなど・・・沢山ご覧いただけます。Sanae NICOLASさんとのコラボレーションは今回のコレクションをイメージしたイラストをプリントしたTシャツとスカーフのオーダーも承っております。是非お越し下さい。

詳しく見る

ZENITH / Port Royal

近年はレクタンギュラーモデルを中心に人気を博したゼニスのポートロワイヤル。ゼニスのアイコンとも言えるエルプリメロを前面に打ち出したクロノマスターや、シンプルかつエレガンスも感じさせる洗練されたドレスラインであるエリートなどと比べると少々影の薄い存在であったこのシリーズは2010年代半ば以降残念ながら実質休止状態となっていますが、その歴史は長く始まりは1950年代まで遡ります。そのファーストモデルはヌーシャテル天文台コンクールにて1950年~1954年の5年連続1位に輝いた実績を持つ同社の手巻きムーブメントの最高峰であるCal.135を搭載した特別なモデルでした。今回ご紹介するのは多彩なモデルがラインナップされていたポートロワイヤルシリーズ最盛期といえる70年代に製造された1本。僅かにカーブを描くシンプルなトノーケースにラウンドダイアルの組み合わせが70年代らしいデザインです。同モデルはダイアルカラーがブラック・ホワイト・ブルーの3色ありこちらは中でも希少なブルーダイアルの個体で、ややグレーがかった上品なブルーは過度に主張し過ぎることなく静かに腕元を彩ってくれます。搭載するCal.49.0は信頼性の高いETA社のムーブメントをベースにしており、構造上厚みが出やすい自動巻きながら比較的薄型の設計となっているおかげで時計全体の厚みもおよそ8.5mmに抑えられています。ハック機能と日付の早送り機能も備えているので実用性の点も十分でしょう。

詳しく見る

没入感

明日から始まるオーダー会。店内は革の良い香りに包まれます。定番をさらに作り込んでミニサイズにしたり(これが何とも可愛らしい)、イタリアの荒々しい雰囲気が魅力の革を使った内縫いの四角いフォルムが特徴の新作CUBE。開閉の動作やショルダーの調節など考え抜かれていて、とても使い勝手が良いです。そしてお店のオープンの年に別注で作って頂いたMARKET BAG。こちらは新革のKobe beefで製作して頂きました。(スミクロのみオーダー可)。初めはまるで和紙のような質感で油を入れつつ、使い込むとクッタリと良い雰囲気になりそうな面白い革です。他にも新作のお財布や小物など・・・色々色々ございます。オーダーではなく現品もご購入可能ですが、複数無い物は会期後のお渡しとなります。早く使いたくてウズウズしてしまう物ばかりです。ご来店、お待ちしております。

詳しく見る

The crooked Tailor / CHORE JACKET 1920’S (sold)

たまらないディテールかもしれないけれど、着るとそんな事はどうでも良くなってしまう位このジャケットから何かが響いてくる。それはデニム好きやヴィンテージ好きな人、服が好きな人、そうでない人。きっと同じ様に感じられるはずだ。

詳しく見る

The crooked Tailor / ROUND COLLAR OVER SHIRT

ラウンドカラーのシャツを洗い晒しでラフに着る。贅沢な感じもするし、何だか品が良い。そんな白に憧れる。

詳しく見る

エメトート

7年前くらいにお渡ししたお客様のTochcaのエメトート。当時の限定色でネイビーで大人気だった革だ。本当にネイビー?と思ってしまう程の色変わり。まるでカーキのようなグレーのような。何とも言えない良い経年変化だった。使われている方曰く『床にボンっとそのまま置いているし、手入れも特にしてません。』との事で、あまり過度に気にせず、ちゃんと使っているからこその変化なのかもしれない。それにしても革のくったりした感じ、良いなぁ。

詳しく見る

ZODIAC / 1960’s Sea Wolf Ref.3080B

ロレックス『サブマリーナ、ブランパン『フィフティ・ファゾムス』と同年の1953年にファーストモデルが発表されたシーウルフ。他の2モデルがダイバーズウォッチとしては一般的なねじ込みリューズやスクリューバックケースにより防水性を高めているのに対し、シーウルフはねじ込みではないノーマルリューズにスナップバックケースながら同等の20気圧防水を実現しました。ダイバーズウォッチ黎明期から現代までその系譜を連ねるゾディアックを代表する傑作モデルです。多種多様なバリエーションが存在していますがこちらは60年代後半に製造されたと思われるベークライトベゼルを備えた1本。特徴的な12・3・6・9の三角形の夜光インデックスや大型のドーフィン針は初期シーウルフから続くアイコン的なデザインです。ベークライトは割れたりヒビが入るなど痛みやすい素材ですがこの個体は全体的にコンディションも良好で大きな損傷はありません。落ち着いた光沢のあるブルーグレーのベゼルとブラックダイアルとのバランスも絶妙で他にはない個性的なデザインです。搭載するムーブメントはA.Schild社のムーブメントをベースに改良されたCal.70-72。自動巻き機構はDoxa、Eberhard、Favre-Leuba、Girard-Perregauxという錚々たるメーカーと共同で開発され、時刻調整時に秒針が停止するハック機能を備えるなど実用性も高いムーブメントです。

詳しく見る

The crooked Tailor 22AW

The crooked Tailorが届いた。真冬に届く春夏を見るのとは明らかに違い、暑いという事がどうしても思考の中では先行してしまう。しかし真夏でも無性に辛くて熱いものが食べたくなる事はないだろうか。それと同じである意味“刺激”を欲しているのかもしれない。目で見て、触れて、着るだけで暑さを忘れてしまう程の高揚感を感じられる洋服を。

詳しく見る

Tシャツのこと

暑くなるとTシャツが欲しくなり毎年何枚か買い足している。気に入っている物の色違いとか素材違い、はたまた全く新しいデザインのものとか。買ったばかりのものはとにかく着たいから沢山着る。着て洗って、着て洗って。去年買ったTシャツの出番はちょっと少ない。もしかすると今年買ったものは来年そんなに着ないのかもしれない。でもふと2-3年前のTシャツを着てみるとびっくりする事がある。生地がとても柔らかく格段に心地良くなっていて、小慣れた感じがまた違った印象を与えてくれる。そうなってくるとまた着る回数が増える。だから良い洋服はいつまで経っても良い洋服なのだ。長く使うとそんな発見もあって面白い。秋冬が入り始めているけど、これからが夏本番だ。

詳しく見る

CLOUD LOBBY

デザイナー大浦雲平氏が2013年よりCLOUD LOBBYを立ち上げ、現在は東京とパリを拠点にクリエーションを展開する。[CLOUD=雲]彼の名前の一文字。[LOBBY=空港のロビー]人が行き交う場所。旅をする服がテーマでブランド自体が旅をする。そんなイメージで展開されている。CLOUD LOBBYのイベントを9月に行う事が決まりました。詳細は改めて告知します。フランスのお店とコラボレーションした洋服が凄く良いなと思ったので、一足先に、INSIDE MY GLASS DOORSまで送って頂きました。本日から店頭に並んでいますのでぜひご覧下さい。

詳しく見る

SHORT SLEEVES

あまりの暑さに半袖シャツも並べる事にした。真夏は重ね着がそんなに出来る訳でもなくバリエーションがどうしても少なくなってしまう。だから半袖シャツがあると新鮮だった。そして何より軽くて涼しい。インドで使われる素材だから日本の気候にも最適だ。襟があると少しキッチリさも出るし、沢山の色や柄があればとても楽しい気分になれるでしょう。

詳しく見る
CLOSE