INSIDE MY GLASS DOORS
BAG
MENU

ガラスドノウチ#31

日本の最東端、北海道は根室在住のデザイナーの手によって作られるAVM(アーム)。今年も年内最後の”ガラスドノウチ”としてAVM DESIGN ROOMのオーダー会を行います。私たちは自然という広大な生き物から様々なモノを与えてもらっている。それは生きる為の術だったり、創造する事だったり、挑戦だったり、そして共存しているという事も。AVMのリングはそれら根室に広がる広大な世界からあらゆるモノを受け取り作られている。冷たい金属の内側に広がる物語を感じる暖かい世界が描かれたリング。根室という彼の取り巻く環境からインスピレーションを受け出来たどこか研ぎ澄まされたディテーのリングやブレス。鹿の角を繊細にリング状にし、そこに描かれる模様にどこかノスタルジックでネイティブな印象を受けるリング。AVMが持つエネルギーや独特な雰囲気のアクセサリーを身に付ける事、それは付けるまでとこれからとの境目であり何かの証の様なモノになればと思います。今回も新作のお披露目もございますので、是非お越しくださいませ。

詳しく見る

AFOUR / ORONGO MATT BLACK

軽いと聞いていながらも実際に履いてみると軽い!とびっくりされるのがAFOURのオロンゴ。ロシアはサンクトペテルブルクの工房でとても丁寧に作られている。素材は防水のオイルドヌバックレザーにマット加工で雰囲気が良い。色はCODEと同じマットブラック。穿き込む程に艶がどんどん増してくる。そして優しくしっかりとホールドされ、その包まれる感じが心地良く、どこまでも歩けそうな気がしてくるから何とも不思議なスニーカーだ。デニムは勿論、ウールパンツとの相性も良い。季節を選ばず、使い勝手が良いので履く頻度が非常に高くなるでしょう。

詳しく見る
ORONGO MATT BLACK
¥ 40,095 (tax in)

Slopeslow / V NECK CARDIGAN (sold)

カーディガンには目がない。春でも夏でも秋でも冬でも。その時に出会った良い!と思えたものは買い付けてしまうし、欲しくなってしまう。ジャケット程仰々しくなくて、脱いだり着たりが楽。アウターにもなるしインナーにもなる。使い勝手が良くてつい手に取ってしまう。Slopeslow最後の一品はヤクとシェットランドウールの少しロング丈のカーディガン。その素材をフェルトになる直前まで縮絨したらしい。フワッと柔らかいけど、固さも残っていてしっかりしている。カシミヤセーターの様に着込んでみたくなる、そんな風に感じた素材。着て、ブラッシング。それの繰り返しで見えてくる美しい経年変化。温かさと共に楽しめます。

詳しく見る
V NECK CARDIGAN
¥ 0 (tax in)

CLASS / DORMEUIL HIGH TECH COAT

フラッシュたいてみて。ってCLASSのデザイナーの堀切さんに言われて店主が着たところをパシャって撮ったら、『うわっ!』って声が出た。『やばいよね〜』って白く体だけが光った店主を見てニコり。一見するとクラシックな千鳥格子の生地だけれども鮮やかなウールで出来たファーが首にある。で、この生地にリフレクターが編み込まれている。ショートでもなくロングでもなく程よい丈でスポーティーなのか?クラシックなのか?カジュアルなのか?フォーマルなのか?もう、どの場面でも許されそうな気がする。で、コートってもちろん着るためのモノなのだが、私は、脱ぐためのモノじゃないか?と思っている。(これを話すと長くなるのでまた今度)で脱ぐ時や持った後に見える裏地がウルトラスウェードのニットなのだ。これが軽いし心地よいフワッと加減。なんだか、忘れていた服が好きっていう単純な気持ちを思い出せてくれる。気分が上がる。あるいは上げる。そんな服が本当に存在するのだ。この世の中には。あと、冬に酔っ払って帰る夜道はこれで安全ね。

詳しく見る
DORMEUIL HIGH TECH COAT
¥ 202,400 (tax in)

今週の一階は。

今週の1階はクローゼットの様に….をテーマにしてみた。ある人はアイテム毎に並べているらしい。ある人は色ごとに並べているという。出番が多いのが手前にしていたりする。人それぞれなクローゼットをINSIDE MY GLASS DOOSのセレクトから勝手にその持ち主を想像しながら、並べてみました。今週は気分によってコロコロと変えてみようと思います。では、ニットやコートも揃いました。皆様のご来店お待ちしております。

詳しく見る

労る

こんにちは。もうひとりです。(詳細は前の記事を)先日、お客様より時計のお修理をお預かりました。時計を擬人化するのはおかしな話なのかもしれないけれども、動く(針が)からか?、カチカチと音が鳴るからか?いつも腕にあるからか?なんか妙な愛着がわく。そして、この時計を販売していた時も何度も見ていたからか、「よ!久しぶり」って変な挨拶がしたくなる。

詳しく見る

TRADITION (Sears) / Stellaris Chronograph Ref.7723

1960年代のシアーズのプライベートブランド(以下PB)であるTraditionの2レジスタークロノグラフ。ホワイトダイアルにブラックのインダイアルを備えた通称”パンダダイアル”と呼ばれるデザインの1本です。特に目立つ装飾こそありませんが堅牢なスクリューバック仕様でエッジの効いた無骨なケースラインはシンプルながら力強さも感じさせます。搭載するValjoux7730は傑作クロノグラフムーブメントを数多く生み出したVenus社のCal.188の流れを汲むムーブメントで、近代的なカム式クロノグラフの先駆けともいえるムーブメントです。近年は日本でも小売店や卸業者が企画・開発し販売するPBはとても身近なものになりましたが、小売業が早くから発展していた欧米ではより歴史も長く、古くは1844年にイギリスのロッチデールで設立された「ロッチデール公正開拓者組合」まで遡り、質の良い生活必需品を適切な価格で提供するという目的で独自に仕入れた商品に固有の名称を付けて販売していたのが始まりだという。シアーズも1900年代初めにはPBを導入しておりUSのヴィンテージウェアが好きな方は「Hercules」や「Pilgrim」といったシアーズのPBを目にしたことがあるかもしれません。このTraditionもシアーズのPBのひとつで時計や衣類、カトラリーといったアイテムを展開していたようです。ダイアル下部にある「STELLARIS」というのもPBのひとつのようでこちらは腕時計を中心に展開しており、中にはSeikoが製造した手巻きや電磁テンプムーブメントのモデルも存在しているのですが、PBごとの商品ラインナップがどのようにカテゴライズされていたのかははっきりとはわからず、このTraditionクロノグラフもどうしてSTELLARISとのダブルネームとなっているのかは不明です。ブランドがどうであれ非常に完成されたデザインで美しい時計ではありますが、より魅力を引き立てるエピソードとしてこのモデルはクロノグラフをはじめとするスポーツウォッチの名門として知られるHeuer(現Tag Heuer)によって製造されたのではないかと言われていることがあります。シアーズがPBとして販売していた時計は様々なメーカーによって委託製造され、その委託先は先述のSeiko以外にもSicura(Breitlingの前身)やHeuerなどがあったとされています。特にHeuerとの関係は強く「ALLSTATE」という自動車関連用品を扱うPBではHeuer製とされるダッシュボードタイマーがあったり、70年代に入り時計市場を席捲していたクオーツ時計に対抗すべくより安価で若い世代へとアピールできるモデルとして開発されたEasy RiderというクロノグラフがSears銘で販売されたりもしていました。こういった経緯もこのモデルがHeuerによって製造されたと言われる理由のひとつですが、さらに6時側ケースサイドに刻印されている『7723』という番号を調べてみると同じ7723というリファレンスナンバーでケースやダイアルなどのデザインや搭載するムーブメントも全く同じモデルがHeuerに存在するのです。こういったHeuerブランドの時計と全く同じデザインのモデルがZodiacやDugena、Clebarなどのメーカーに存在することが知られており、特に欧米ではヴィンテージウォッチのひとつのジャンルとして熱心なコレクターがいるほどの人気があります。明確な資料が無いためあくまで「このような一説がある」と言うに留めますが、かつて一時代を築いた今は無きアメリカの老舗百貨店にこのような時計が並んでいたのだという興味深い歴史性は間違いなくこの時計の大きな魅力でしょう。

詳しく見る

Omar Afridi / COCOON COAT

丸みを帯びたコクーンシルエット。5PKT TROUSERSと同素材でずっしり重量があるが、羽織るとその重たさをあまり感じないコート。深いネイビーに真っ白なボタンが映え、一つだけブルーが効いている。良いコート(自分にとって)は羽織った瞬間に体が反応してしまうというか、理解をしてしまう。これだ!と。実際にご購入されたお客様は試着時には『これはマズイ。』という心の声が聞こえてきそうな顔をされていた。しっくりくると脱ごうとしない。そんな出会いは貴重だ。

詳しく見る
COCOON COAT
¥ 163,900 (tax in)

Omar Afridi / DOUBLE BREASTED JACKET

ダブルから少しずれた様なフロント、丸襟。それは少しミリタリーの香りがして、ちょっと可愛らしさもあって。さらに仕立てが素晴らしく、肩がしっかりと収まり背筋が伸びるような着心地。そしてCHINATI TROUSERSと同素材のコーデュロイは品がある。そんな色々な要素が混ざり合って面白く、着方や着る人によって印象の変わるジャケット。

詳しく見る
DOUBLE BREASTED JACKET
¥ 99,000 (tax in)

長く使うこと

もう10年くらいでしょうか。お客様に長くお使い頂いているそのみつの靴。オールソール交換は2回しました。革は柔らかくなりサンティアゴ特有の良い艶が出ていました。オンオフどちらも履いているそうで、きっとご自身の足に完全に馴染み、足の一部になった様な感覚になっているのではないでしょうか。綺麗に履き込まれた靴を見ていると、革靴はやっぱり良いなぁと思います。年齢を重ねると共に革靴も育っていくのです。

詳しく見る

情報交換

挨拶が変わった。「ちょっと寒くなってきましたね」に。(冬、ようこそです!)こんにちは。”もうひとり”です。(詳細は前の記事を)YINDIGOさんからニットが届いた。『お待たせしました!!肌寒い季節到来….お客さまともどもご一緒に暖かくお過ごしになられます様〜に♪ENJOY!!』と書かれた手紙と一緒に。手紙はいいなー。会いたいなーとすごく嬉しくなる。さて、昨日の話です。

詳しく見る

今週の一階は。

ラジオからコテコテの大阪弁で天気予報が流れてくる。今週水曜日から真冬になるらしい。確かにニットは普通に着れるようになってきた。街を見渡すとコートを着ている人が多い。やっと!という思いと、あのキーンとした寒さに果たして耐えられるのだろうか、という不安が頭をよぎるが準備は万全に越したことはない。

詳しく見る
CLOSE