INSIDE MY GLASS DOORS
BAG
MENU

CLASS / GUM TREE

どっストレートなデニムというのは中々ありそうでない。それに絶妙に寸足らずで、穿く人や合わせるシューズにより雰囲気が変化する。一見何でも無いようで個性のあるデニムである。今までも楽しいデニムをCLASSでは見てきたし、穿いている。子供用のパターンをそのまま大人用に大きくしたデニムや、その当時にしたら嘘だーって思うくらいの裾広がりだったり。それらは数年が経ち時代も変わっているのだけど、今でもそれらは現役で仕舞い込むことはない。衣替えの季節が来てもクローゼットの中に常に存在している。要するに、なんだかんだとCLASSのデニムが好きなのだ。今回のデニムは冬にブーツと合わせたいと思っている。数年後には何と合わせたくなるのだろうか….このデニムもいつかのCLASSということでご紹介したいと思っているのだけど。買えそうにない….。

詳しく見る
GUM TREE
¥ 35,200 (tax in)

CLASS/INDIA TURNIP

シンプルな物ほど難しいと思う事がある。表情が欲しいと思う時もある。カットソーは体のラインが目立ち易い物が多く1枚で着るほど自慢できる体でもない。とりあえずカモフラージュしたいと思う事が多い。このINDIA TURNIPは着心地が良く、気を遣わず着る事ができて、凹凸があり程良く広い身幅でドレープが効いている。何でも合うなんて乱暴な言い方はしたくないし、まだ試着しかしていないけど、きっと着倒してしまうのだろうと予想出来るカットソーである。下に合わせるパンツやシューズ、上に羽織るジャケットやカーディガン。このINDIA TURNIPから今季入荷する他の洋服へと容易に想像ができる、という具合に初めは合わせるのに重宝しそうなカットソーから、そしてこのカットソーが主となり構築されていく…それがCLASSなのだ。

詳しく見る
INDIA TURNIP
¥ 19,800 (tax in)

COMOLI / デニムジャケット

ちょっとそこまで出かける時に羽織る。遊びに出る時にはお気に入りの洋服と組み合わせて羽織る。寒くなってくればコートの下に着てシャツのように使う。様々な場面で羽織れるジャケットを持っていると大変便利である。凹凸のある昔ながらの生機のデニムを使った1STタイプで薄過ぎず、分厚つ過ぎず夏以外羽織れるジャケットだ。少し着丈が長めなのでバランスもとり易い。ベーシックが故にどうやって組合わそうかと考えるのも楽しい。黒と生成りの糸を使い、着込んだ際に昔のリーバイスのブラックデニムの様な色落ちを期待できる素材。数年後、どんな風にフェードしているか楽しみなジャケットだ。

詳しく見る
デニムジャケット
¥ 41,800 (tax in)

COMOLI / デニムベルテッドパンツ

COMOLIの洋服をお好きな方が『長く着るとどんどん良くなるから、結局COMOLIを着てしまいます。』と仰られていた。初めから100%自身に合う物なんて無い。使っていく中で、自分の物になっていくその様を楽しめるのがCOMOLIの洋服だと思っている。凹凸のある昔ながらの生機のデニムを使った素材で比較的どの季節でも着用出来る重さ。ワイドで少しテーパードの効いたシルエットはバランスや穿き心地が良い。BLACK×ECRUは黒と生成りの糸を使い、着込んだ際に昔のリーバイスのブラックデニムの様な色落ちを期待できる素材。数年後、どんな風にフェードしているか楽しみなパンツだ。

詳しく見る
デニムベルテッドパンツ
¥ 33,000 (tax in)

COMOLI / デニムワークジャケット

大昔、どうしても欲しくてデニムのカバーオールを古着屋やフリーマーケットで探した。綺麗なグラデーションの様な色落ちをし、所々クラッシュしているその姿がとても格好良かったと思った事をCOMOLIを見て少し懐かしさを感じた。凹凸のある昔ながらの生機のデニムを使った毛羽立ちのある素材。モデルは大戦モデルで良い意味での粗野感というか無垢な感じがとても気に入っている。着れば着るほど体に馴染んでくる感覚があり、ヴィンテージのカバーオールの様に着込んで色落ちさせたくなる。

詳しく見る
デニムワークジャケット
¥ 46,200 (tax in)

Tochca in INSIDE MY GLASS DOORS

今回の新作の鞄は薄くても強いという特性を活かし、クルクル丸めて小さく出来るようになっている。小さくしてジャケットのポケットに突っ込んだり、鞄の中に入れてエコバッグの様にも使える。旅行へ行く時にはトランクに詰め込んで旅先でのメインバッグとして。使える場面が多いという事は経年変化を存分に楽しむ事ができる。このRitualというホースレザーは布のバッグの様にクッタリとしてくるそうだ。ショルダーにはフランス軍のベルトを使っていて、レザーとのコントラストがとても良い。使う事が楽しくなりそうな新作である。

詳しく見る

デニムデニムデニム

小森さんが作る生機(キバタ)のデニムは毛羽立ちのある昔ながらの雰囲気で、何も考えず身を委ねられる安心感がある。最後の写真のベルテッドデニムは私物で3年位季節問わず穿いている。久しぶりに比べてみたらとても良い青に変化していた。硬さも取れ、体にもよく馴染んでいる。COMOLIの洋服は数年着込まないと本当の良さがわからない。勿論、着はじめも気分が上がりとても楽しめる洋服だ。しかし馴染んでからはもっと好きになり無いと困るようになる。シンプルな洋服だからこそ、そういった部分が重要になってくる。COMOLIは噛めば噛むほど美味しくなるブランドなのである。まずはデニムからいかがでしょう?

詳しく見る

ガラスドノウチ #25

今回の新作は使う人に自然と馴染んでくれる鞄だ。物を入れていない時には主張はせず、物を入れると”そこにある”という存在感が感じられる。レザーはベジタブルタンニン鞣しのホースレザーのリバース。とても柔らかく、コードヴァンのような緻密さがあり経年変化がとても期待できる革だ。デザインに合った素材、素材に寄り添うデザイン。今回の鞄は特にそのバランスが良いと感じた。今回も欲しくなってしまう物ばかりである。

詳しく見る

AFOUR / CODE MATT BLACK

AFOURのスニーカーはロシアのサンクトペテルブルクにて手作りされている。使っている素材には特殊なマット加工を施した経年変化を楽しめるオイルドヌバックレザー。ライニングにはベジタブルタンニン鞣しのレザーを使っていて、足への当たりも優しい。防水加工も施されているので、突然の雨でも安心だ。

詳しく見る

OLIVER CHURCH

思いがけない出会いとは実に面白いものである。今回お店に並ぶ事になったOLIVER CHURCHはパリを拠点に活動しているブランドだ。ニュージーランド出身のデザイナーはロンドンで5年ほど活動し、パリに拠点を移しブランドをスタートさせた。どんな洋服かというと生地はフランスの50-120年前の古いデッドストック生地を主に使う。使っているボタンもフランスの古いデッドストックだ。そしてデザイン、パターン、縫製、染色(一部を除き)を一人で全て手作業で行っている。染めは天然染料のみで染色し、水が無駄にならないよう染色のミニマムまで設けている。1つ1つをゆっくりと時間をかけ丁寧に、自分のペースで作る事が彼のモットーだ。要するに大量に作れないし、作らない。使われる事なく眠っていた素材に新たな価値を見出す。そんなプロセスを大切にするブランド、OLIVER CHURCH。是非ご覧頂きたいです。ご来店、お待ちしております。

詳しく見る
CLOSE