INSIDE MY GLASS DOORS
BAG
MENU

PERIOD FEATUERS

インドの手仕事を伝えるPERIOD FEATUERS。 手織り物の産地であるウエストベンガルの小さな村で、糸を紡ぐ所から洋服になるまで全て手作業で行われています。

詳しく見る

Tochca トーチカ / サコッシュ GUIDI CALF (sold)

はたしてスマホとお財布だけが丁度入る鞄は必要なのだろうか?遊びに(飲みに)行く時は大概スボンのポケットに収まる程の荷物だ。だから手ぶらでも問題ない。しかし、ここ数年はイージーパンツを穿く事が多い。イージーパンツだとポケットに荷物を入れると少しずつ下がってきてしまい、定期的にスボンをヨイショと上げなくてはならない。それはすごく不便だと最近になって気付いた。だからトーチカのサコッシュや巾着ポシェットはその不便さを解消してくれた鞄だ。手ぶら派の人にも違和感のない着用感、鞄好きの人にも満足出来る作りと革。ポケットが膨らむ事もなくなりスマートに見える。良い事しかない気がする。

詳しく見る
サコッシュ GUIDI CALF

BLACKBIRD ブラックバード / SHORT SLEEVE CUTSEWN (sold)

暑い!Tシャツ!太陽!夏! !!!!!! やっぱりびっくりマークが似合う気がする。でも自分たち的にはこのTシャツはそんな が付かないイメージがした。夜遊びに行く時、ちょっとドキドキしてワクワクもする。背伸びしてお洒落をしたいと気持ちになった。昼間の元気いっぱいの太陽の下のTシャツというよりは夕暮れ日が落ちてきてからのTシャツがあっても良いと思う。今日も大阪は35度らしい、昼間より夜遊ぶ方が健全かもしれない。もう私たちは朝まで起きてることがキツイけど、あの朝ちょっとづつ明るくなる頃に真っ黒になった目元とかも気にせず、ウゲーって感じで家路につくあの感じにも似合うんじゃないかなこのTシャツ。と思った。ジャケットの中とか革靴とか時計とかと合わせたりしたいなと…

詳しく見る
SHORT SLEEVE CUTSEWN

BLACKBIRD

BLACKBIRD(ブラックバード)ってどんなブランドですか?と聞かれると、”つかみどころが分からないのだけれどもそこが良いところで、めっちゃ主張してる割には委ねてくれる”と今のところは答えている。

詳しく見る

Tochca トーチカ / 巾着ポシェット GUIDI CALF

飲みの席でよくものを無くす、という話を店頭ではよく聞きます。このくらいコンパクトならそのまま掛けていても邪魔にはならず、スマホやお財布、アクセサリーとか時計とか外したくなったらとりあえず入れておく。そうすれば少しは安心できるかもしれません。GUIDI社のしなやかなカーフ。触り心地が良くて無意識に触ってしまう素晴らしい革。しっとりとしていて、上品な艶が楽しめる。紐はパラシュートに使われるものなのでかなり頑丈。まるでポケットの様に使える巾着ポシェット。

詳しく見る
巾着ポシェット GUIDI CALF
¥ 63,800 (tax in)

Tochca トーチカ / リヴェットトート WAX SUEDE

鞄を持つこと、それは荷物を入れる為でもあり洋服と同じ様に気分を上げてくれる。洋服との色合わせでコーディネートをしたり日々変化する革の雰囲気を楽しんだり。ただの道具としての鞄ではなくて、常に楽しめる鞄を使う事が重要でTochcaの作る鞄はどれも使っていて楽しい。これでもか!とリヴェットを沢山打ち込んだとても頑丈なトートバッグ。打ち損じは出来ないのでかなり神経を使うそう。持ち手は短いですが、荷物を入れて持った時に重心がブレない絶妙な長さ。肩掛けする事を完全に排除し手持ちのみに特化する事によってこのトートの快適さが生まれている。レザーは高級靴にも使われるオイルがたっぷり染み込んだWAX SUEDE。使っていく内によく擦れる部分は毛が寝て、良い艶が出てきそうな革。かなりしっかりした素材なので、屈強なリヴェットトートとの相性も良いと感じました。小ぶりで可愛らしいminiサイズ。普段使いにちょうど良い大きさです。

詳しく見る
リヴェットトートmini / WAX SUEDE
¥ 69,300 (tax in)

色々持ってみました。

実際に手にしてみると、素材に合った形、形に合った革だという事を実感できます。持ちやすく、触りたくなる革。使っていった先を想像してしまいます。どのモデルも欲しくなるものばかりでした。いつも通り、あいにくの天気が続く様ですが、他にもたくさんありますので、ご来店お待ちしてます。

詳しく見る

新作や限定の色

Guidiカーフのグレー、黒に近い色ですが実際に黒と並べると全く別物で、実際に見るととても良い色。とりあえず革を使い切ったら終わりだそうです。そして水をも弾いてしまうワックススエードは荒々しさの中にも品があり、迫力があります。どちらも経年変化が楽しみに思える革です。新型はこの他にもありますが、細かい部分にアイデアが詰め込まれており圧巻でした。現品のみの一点物などもありますので、ぜひ店頭でご覧ください。

詳しく見る

Tochcaの時計ベルト

季節によって洋服を替える様に、時計のベルトを変えてみる。そうすると一つのベルトの消耗が抑えられるし、何より気分転換になる。時間はいつだってスマホで確認できる。でもそうじゃない価値が時計にはあると思っているので、その時計を装飾できるトーチカのベルトはとてもおすすめです。

詳しく見る

Tochcaのベルト

ここ数年、ベルトがあまり売っていないとお客様からよく聞く。最近イージー仕様のパンツが多い為、需要が少ないのかもしれない。そんな事を言っても、ベルトは必要なものでもある。どうせならサイズを合わせて作れるトーチカのベルトが良いのではないだろうか。体型だって変わる、細いベルト、太いベルト、その時の気分だってある。今ベストなものを作れるなら、すごく楽しいことだと思う。

詳しく見る
CLOSE