INSIDE MY GLASS DOORS
BAG
MENU

サイズ感について

新しい形という事もあり、サイズについてお問い合わせを頂いています。様々な体型の方にご試着頂いた際、写真を撮らせて頂きました。参考にして頂ければと思います。今回のガンジー、ハイネックはゆとりのあるデザインでガンジーは着ると後ろ着丈が少し上がるので、前よりも短く感じます。カーディガンはサイズによってはジャストでも着れる程良いサイズです。ご不明な点はお気軽にContactよりお問い合わせ下さい。

詳しく見る

YINDIGO AM / GUERNSEY TOP

洋服を着る時、前後間違えて着る事が多い。どうしてそんなに間違えるのかわからないが、そんな人には良いかもしれない。元々海で働く漁師の為のワークウェアであるガンジーセーター。日が登る前や暗い所でも着れるように前後どちらでも着用できるようになっていて、濡れても大丈夫なように油分たっぷりのウールをガシッと織り上げる。だから重たくて固い。そんなイメージのガンジーセーターとは真逆のセーターだ。YINDIGO AMのガンジーセーターは一応前後はあるがどちらでも着れる。何も考えず着れるのは嬉しい。着心地を考えて後ろに少し丸みをつけているそうだ。軽くてホワホワしたカシミアは素肌にも着れる、むしろ着たいと思ってしまう。そんなセーターを冬の日々に着る、そんな想像をするととても楽しみだ。

詳しく見る
GUERNSEY TOP
¥ 91,300 (tax in)

YINDIGO AM / HIGH COLLAR

ストールやマフラーを巻く事が好きだったので、タートルネックやハイネックはあまり着てこなかった。あと首が窮屈になりそうな気がして。しかしここ数年、マフラーすらもあまり巻かなくなった。そうなると真冬はやっぱり首が寒い。手首、足首・・首と名の付く場所は冷やさない方が良いらしい。この前の秋冬でたまたま締め付けの少なそうなタートルネックを仕入れていたので着てみる事にした。食わず嫌いという言葉があるが、まさにその通りで案外気に入ってしまった。このハイネックを見た時はインディゴさんが着ていそうな(好きそう)デザインだと思った。ネック周りの締め付けも少なそう。実際に着てみると締め付けるなんて言葉は失礼な程、優しく包まれる感じだった。上半身全てカシミアに包まれる幸せ・・。もうこの時点でハイネックは苦手、ではなく好きになっていた。

詳しく見る
HIGH COLLAR
¥ 91,300 (tax in)

YINDIGO AM / V-NECK CARDIGAN

カーディガンを初めて着たのは確か高校生の時で制服の下に着ていた。初めは学校指定の物を着ていたが、次第に皆と同じが嫌になりラルフローレンや古着を代わりに着ていた。制服の下だから基本的には先生にもバレずに過ごせた。人と違うことをする優越感に浸っていたのかもしれないが、そういうのが楽しかった。そこからカーディガンという物は自分の中でも定番的なものになり、今でも好んで着用している。色々なカーディガンを着てきて思ったのが、ネックの重要さ。浅過ぎず、深過ぎないバランス。そのバランスが良くないと中に着る物が限定されたり非常に使いづらくなってしまう。YINDIGO AMの新型カーディガンを羽織った時、そのバランスの良さに驚いた。これならシャツでもカットソーでも、ハイネックでも何でも合う。そして混じりっ気なしの柔らかなカシミアは何年も何年も着て大切に育てたいと思える素材だ。

詳しく見る
V-NECK CARDIGAN
¥ 95,700 (tax in)
CLOSE