INSIDE MY GLASS DOORS
BAG
MENU

CLASS / DURIAN

どう着るのか、どこに着て行こうか。そんな事すら考える必要が無く、とりあえず買ってからどうにかすれば良い。そんな洋服に出会う事が稀にある。案外着てしまえば何とかなる事が多く、そういった洋服は結局の所気に入っていて、いつまでもクローゼットに並んでいる。CLASSのDURIANは軍物のライナーからのデザインだがこれはライナーではなくアウターだと思う。中にジャケットやニットも十分着れるし、暖かい。リバーシブル仕様で裏っ返すと綺麗な玉虫色のコットンギャバが表にきて、全く違う印象になる。1枚で2倍のジャケットだ。先日お客様が『秋口には背負うジャケットですね。』と仰られていた。その理屈からいくと、1枚で3倍楽しめるジャケットという事になる。楽しみ方はそれぞれ、実際に使ってみて発見できる事も多いでしょう。

詳しく見る
DURIAN
¥ 143,000 (tax in)

CLASS / MUKU

レザーのパンツには興味があったけど、中々手を出せないでいた。なぜかと言うと、足にフィットする物が多い事と気軽に洗う事が出来ない事がネックだった。そんな中、数年前にCLASSが初めて洋服にウルトラスエードという人工皮革を使った。透湿性に優れて丈夫、そして気軽に洗濯が出来た。さらにデザインも良くてリラックスしたシルエット。自分の中ではこれはもう革命でした。仕事の日も休みの日もよく穿いていて、もう手放せないでしょう。今回のMUKUは表面が銀面のコーティングされていて、さらにクロコダイルの型押しが施されている。でもギラギラしていない、良く見るとわかる程度の型押し。そのバランスが凄く気に入りました。ストンと落ちるストレートなシルエットでウエストはゴムとドローコード仕様。程良くリラックスできるパンツだ。裾を折り返せばスエード面が見え、素材感の差異を視覚的にも楽しめる。レザーパンツに見えてレザーパンツじゃない。家でも外でも場所を選ばず、気楽に穿ける。気楽なのに気分が上がる。それがCLASSです。

詳しく見る
MUKU
¥ 81,400 (tax in)

今週の1階は….

”はじめまして”なので、どうしても長くなりそうです、どうぞ脇におやつでも(もしくはアルコールでも)置いてお付き合いください。2年ほど前にパリのパサージュという簡単に言うとアーケードのある商店街の様な空間をブラブラと歩いていると、ガラス越しにストールがツラツラと並べられていたのを見た。まだオープンはしていなかったので、ガラス越しに額をつけて覗いた。そこでsuzusanという名前を初めて知る事になった。その時は日本で作られているとは知らず、美しい色と心地良さそうな生地にただただ吸い込まれた感じだったのを覚えている。それから数年後、ありがたいご縁がありご紹介できる事となりました。

詳しく見る

COMOLI / コーデュロイ 5Pパンツ

細いパンツをお店に並べるのは珍しい。何故なら足が太くて穿けないからだ。しかし要望が多々あり、トライしてみる事にした。実際にお客様が試着されている所を見ているとスラッと見えて凄く格好良いなと素直に思う。テーパードが効いた細くてシンプルな5ポケット美脚パンツ。コットン100%の細畝のコーデュロイが使われて、肌あたりも良く心地良さそうな素材だ。そしてSTONE NAVY、ネイビーだけどグレーがかっていて奥行きのあるこの色にとても惹かれた。スニーカーも良さそうだし、サイドゴアのブーツも良いでしょう。冬を楽しめるコモリのコーデュロイパンツ。

詳しく見る
コーデュロイ 5Pパンツ
¥ 35,200 (tax in)

COMOLI / ウールシルクワークシャツ

昔ながらのデザインから作られたワークシャツ。古めかしさもあり、新しい雰囲気もあって、どの世代の人が着ても馴染みそうな気がする。COMOLIの洋服は着ると何だか落ち着く。気楽に着てもラフにならないし、安心感がある。だからつい手を伸ばしてしまうのではないでしょうか。色んな面でちょうど良い、そんな風に思う。ウールシルクの空気を孕んだような膨らみがあり暖かく気持ちが良い。シャツとしては勿論、秋口には羽織る感じで着ても良さそう。

詳しく見る
ウールシルクワークシャツ
¥ 52,800 (tax in)

CLASS / BLACK PINE

クラシックな雰囲気のツイードにナイロン糸を織り交ぜた素材、光の当たり具合によって少しキラキラする。ゆったりしたテーラードジャケット??ジャケットではあるけど、コートの様でもある。肩がグッと落ちて、まるで古いヴィンテージのコートを羽織っている様な感覚になる。ゆったりしているから中に色々着る事ができて、どうやって着ようか頭の中をグルグルと掻き立てられる。洋服を前にして一呼吸置いて、そして何度か着ていく内に本当に意味で自分の物になる。それがまた楽しいし、気分が上がる。CLASSとはファッションをファッションとして純粋に楽しめる洋服ではないでしょうか。

詳しく見る
BLACK PINE
¥ 97,900 (tax in)

CLASS / JAPANESE DOGWOOD

シンプルなプルオーバーベスト。ジャケットと同素材のツイードで中にダウンが少し入っていて暖かく、サイドのジップを開閉して着脱する。この言葉だけだととても機能的で都会的なベストだと感じるがタンクトップの様なデザインに違和感を感じ、そこが気になって気になって仕方なくなりお店に並べる事にした。クタっとしたシャツでもジャケットの上でも下でも、ボロボロのスウェットでも、何故かバランスが良くて上品に見えた。そしてその違和感がちょっと面白く、何か良いなと思わせてくれる。絵に描いたような平面的な見た目とは裏腹に実はとても使い勝手が良いベストなのだ。そして持っていて良かった、と思える時が来るような気がする。

詳しく見る
JAPASENE DOGWOOD
¥ 67,200 (tax in)

well / M.F.E.P TAILORED JACKET

先に紹介したパンツと、同じ生地のジャケット。(生地についてはパンツの記事をご覧ください)こちらは、カーディガンの様にラフに羽織れるジャケットです。カーディガンの作りの様なジャケットという方が正しいのかな?色々と考えすぎると頭の思考が絡まる時がある。その時に深呼吸して頭の中を無にしたら良いと聞いたことがある。でもどこかしらで、あ、冷蔵庫の中の牛乳、賞味期限大丈夫かな?なんて事が頭の中にやってくる。”無”だ、”無”だと再び深呼吸。数秒すると、あ、段ボール捨てなきゃ。とか。頭の中は本当に色々と日常に支配されている。ふと、いや、それで良いのではないか?と思った。カーディガン?ジャケット?何と合わせる?丈はどうだろうか?似合うかな?映画を見に行く時に着る?今度の打ち合わせの時に着る?こんなイメージで着たいなーって。そんな事考えるのが楽しかったりするわけで。それは、自分ごとで。自分が着たい様にあれこれ考えて。このジャケットを自宅に持ち帰った後、そんな楽しみを久々に味わって見るのは良いのではないでしょうか?

詳しく見る
M.F.E.P tailored jacket
¥ 46,200 (tax in)

well / FAKE CREASED SLACKS

時々、気を抜きたくなる事がある。職場も自由になってきたけれども、スウェットというわけにもいかない。そんな声を聞く。なんでも良い訳ではない。出来れば気に入った物を身に纏いたい。なぜならその日のテンションが変わるから。テンションが上がりっぱなしというのも疲れるけれど、決して落としたくはない。絶対に。なぜならその日のテンションがやっぱり変わるから。なんとまぁ、ヒトというのは勝手な生き物なのでしょう。さて、このパンツの説明です。サイドに切り替えがなく、センタープリーツの様に縫い目が前にきているので色々と騙される。サイドがすっきり見え、センターに筋が通ると足がすらっと綺麗に見える。それに程よく太いがその”騙し”ですらっと見える。ウエストのバッグがゴムなのも動きやすく良い。そして私は知っている。この手のパンツは頻度高く穿く事を。

詳しく見る
FAKE CREASED SLACKS
¥ 33,000 (tax in)

PROJECT by H/EDEN_SIDESEAMLESS STRAIGHT CUT DENIM

他には無いデザインと雰囲気が楽しいPROJECT by HのEDEN。初めてデザイナーと会った時に穿いていてどうにも気になって仕方なくなり、今では自分でも週に何回か穿く程好きになった。股上はとても深く大胆なパターン。普通のデニム2本分位は生地を使っている。さらに今回は16.5ozとかなり重たい。初めはハリが強いが馴染むととても綺麗なシルエットになる。非常に濃いインディゴブルーは育て甲斐もあり風も通さないので真冬も問題なく穿けるでしょう。フロントは石の削り出しボタン、トップのみボタンホール仕様でそれ以下はループで留める。前々回は全てボタンホールだったが、あまりの硬さに開け閉めが容易では無かったので、改良されたと推察する。他にも色々あるが、書ききれないので実際に見て楽しんで欲しいパンツだ。見れば見るほど、穿けば穿くほど発見のあるデニムだ。

詳しく見る
EDEN_SIDESEAMLESS STRAIGHT CUT DENIM
¥ 85,800 (tax in)
CLOSE