INSIDE MY GLASS DOORS
BAG
MENU

Tochcaの財布

Tochcaには鞄だけでなく、財布や小物がたくさんあります。財布は限りなく小さいものからカードが綺麗に収まる大きめのものまで、その時の気分に合ったデザインを選ぶことができる。正直どれもオススメだが、中でも内縫いのお財布が個人的には気に入っている。内縫いは縫い目が外に出ておらず、芯材も使っていないので素材本来のモチっとした触感とフラットな触り心地がクセになっていく。

詳しく見る

Tochca

使う度に変化を実感できるトーチカの鞄。個人的に10年以上色んな形やレザーを使ってきました。昔から素晴らしい作りとレザーでしたが、年数を重ねるごとに、より洗練されてきたと感じています。レザーの特性を最大限に活かす事のできるデザイン、それを踏まえ出来る限りの見えない工夫が散りばめられています。だから使いやすい。そして数年後の姿が本当に格好良いのです。

詳しく見る

今週の1階は…

梅雨はこれからだそうだ。って皆が言う。夏がやってきたんじゃないかな?先に。そう思ったけどどうやら違うらしい。夏はこれから来る梅雨が明けると本格的にやってくる。気分的にも涼しくなりたいなと思うと、頭に浮かぶのが水、雪。かき氷、かき氷、かき氷…..最近、姉が台湾に旅行に行った。その際に食べていたかき氷が頭に残っていたのか、涼しいを思い浮かぶと同時に暑い夏が連想されて(蝉の鳴き声とか)、そして、かき氷が思い浮かんだ。フワっとした白い氷に甘い蜜がかかったあれだ。ってことで、1階はかき氷みたいなフワッと柔らかい心地の良い白いシャツやらを並べて、少しテクスチャーのある生地や色のあるショーツなんかを並べてみた。蝉がなく頃に必要なものを少し早めに。

詳しく見る

ガラスドノウチ#37

今年もこの季節がやってきました。Tochcaの新作のお披露目、オーダー会を行います。今回は水を弾いてしまうくらい油分たっぷりのスエード(ストーリーにアップした動画です。)やGuidi calfの新色など面白そうな革が登場します。まだ僕たちも詳細はわかりませんが、ブーツの背面を縫うミシンを使って縫っているらしく、底やマチの付き方が通常とは異なるそうです。どんなデザインか今から楽しみです。もちろん定番品も揃いますので、ぜひお越しください。

詳しく見る

COMOLI / サープラス Tシャツ (femme)

なんてことのないTシャツは夏になると着る頻度が増す。しかし、シンプルなあまり心許無い時もある。そんな時はとにかくアクセサリーに頼る。するとアクセサリーを邪魔する装飾があっては困る。ってことでやはりなんてことのないシンプルなTシャツが重宝する。しかし、微妙なところが気になる。首の開き具合や袖の長さ。丈など。もう少し裾が短かったらとか首周りがもう少し開いていればとか、気心地や洗濯などなど…..あれこれワガママになる。で、こんなことくらいはワガママでいたい。良い意味で何も考えず、その日の合わせたいパンツやスカートやアクセサリーなどあなたのスタイルに合わせてくれる。そんなCOMOLIからウィメンズTシャツが届きました。

詳しく見る
サープラス Tシャツ
¥ 13,200 (tax in)

リブ タンクトップ (femme)

その日の気分でTシャツだったりシャツだったりブラウスだったり変わる。当たり前のように、首の開き具合が違う。同じように背中の部分の開き具合も違う。脇の開きだって違う。インナーが見えて欲しくない時もあるし、見えて欲しい時もある。チラリと見えてもよれっとなっていて欲しくない。シンプルだからこそ、生地に気を遣いたいし、肌に近いから心地よいものが良い。歳を重ねるほどにそういう事がワガママになるし、そういう事にワガママでいたい。太すぎず細すぎないリブなので、インナーにも1枚で着ても、分厚すぎないので、パンツにインしてもモゴモゴしない。スッキリしているけどしっかりした1枚です。

詳しく見る
リブ タンクトップ
¥ 10,780 (tax in)

COMOLI / カディコットン コモリシャツ

『もしかすると、リネンよりも涼しいかも。』と購入されたお客様が言われていた。夏を快適に過ごせるカディコットン。インドで手織りで作られている織物。汗をしっかり吸って乾きやすく、透ける程薄くて風が通りやすい。軽くて柔らかく、繊細に感じるけどとても丈夫な生地です。薄いから涼しいという事もあるけれど、素肌に直射日光が当たる部分を減らせる事も重要で、日傘に例えるとわかりやすいかもしれない。肌に日影を作ってあげる、そんなイメージです。そしてコモリシャツ特有のフワッとしたシルエットと夏に着る漆黒。それがまた何とも格好良い。

詳しく見る
カディコットン コモリシャツ
¥ 35,200 (tax in)

『溶けそうですね。』

夏になるとご近所さんとの挨拶がそんな言葉に変化する。毎年言い合っているような気もするが、去年よりも明らかに時期が早い。まだ六月で梅雨もきていない。夏が終わるまでの事を考えると思いやられるが、どうにか過ごさなければならない。どうせ暑いのなら気分の上がる洋服を着て、楽しんで過ごしたい。長袖派の人には透けるくらい薄いシャツ。それと汗をかいても辛くないTシャツやショーツ。など色々届いています。ぜひご覧ください。

詳しく見る

リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)

2024AWの展示会に行った時に、展覧会を行う事を聞いた時、行きたい!と思ったけど、群馬と聞いて遠いなぁと行くことを躊躇った。しかし、まだまだ私たちの中で消化しきれていない writtenafterwards / written by の事を知りたかった。私たちが感じた初めの印象は前に述べたのだが、その言葉にならない感じの答えを求め、群馬に行ってきた。

詳しく見る

夏が来るってよ。

「今日は暑いですね」挨拶が変わった。ここ大阪の今日は暑い。春らしい良い気候が続いていたのだが、変わった。突然変わったのか?いや、きっと徐々に変わってきていたのに感じとれていなかったのだろう。それか、感じていたのだけど受け入れれずいたのかもしれない。しかし、Tシャツ1枚をそろそろ楽しみたいのも事実なので、夏を受け入れようではないか。フェスのようにブランドごとそれぞれのTシャツが勢揃いしている。個性豊かなので、お気に入りを見つけて堪能してほしい。驚くほどに心地よいもの。デザインがユニークなモノ。着やすいもの。シンプルなもの。リメークしたもの。1つずつに名前があり、コンセプトもある。というわけで、INSIDE MY GLASS DOORSにあるTシャツをドバァーと並べました。ブランドが作り出すそれぞれの世界を楽しんで、今年のTシャツを選びにきてください。夏に向けて…..

詳しく見る
CLOSE